ご希望の小学校情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

小学校用語集

小学校用語集 小学校用語集

文字サイズ

  • 等級制
    とうきゅうせい

    「等級制」とは、日本の初等教育において、明治の初めに採用された学習集団編成のことである。半年ごとに実施される試験によって、進級の可否が決定されていたという特徴がある。この試験結果に応じて、子どもたちは落第されたり飛び級したりしていた。そしてその特徴ゆえに、各等級が安定した集団とならず、個人指導が実施されていたのである。当時の等級制は欧米を手本としていたため、下等小学4年・上等小学4年という4・4制が導入されていた。この下等、ならびに上等にはそれぞれ8つの級を有していた。それぞれの等と、級という文字から等級制と名付けられたのである。その後1885年に等級制を廃し、学年制を文部科学省が小学校に取り入れた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の小学校を検索できます。

ページ
トップへ
TOP