ご希望の小学校情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

小学校用語集

小学校用語集 小学校用語集

文字サイズ

  • 知識基盤社会
    ちしききばんしゃかい

    「知識基盤社会」とは、新しい知識や情報技術が、社会を構成するすべての領域における活動の基盤として重要性を増した社会のことである。2005年の中央教育審議会答申によって記された言葉である。主に21世紀における社会のことを指す。その特長はすべてで4つある。ひとつ目には、知識に国境はないためグローバル化がさらに進行すること。2つ目は、知識は日々進化しており、そのため技術革新ならびに競争が絶えないこと。3つ目は、知識の発展は従来のパラダイムを転換することが伴われる場合が多く、柔軟な思考力と豊富な知識を基礎とした判断が重要となること。4つ目は、性別や年齢に関係なく、参画することが促されること。このような4つの特長を有する知識基盤社会は、アクティブラーニングを助長する傾向にある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の小学校を検索できます。

ページ
トップへ
TOP