ご希望の小学校情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

小学校用語集

小学校用語集 小学校用語集

文字サイズ

  • 相当免許状主義
    そうとうめんきょじょうしゅぎ

    「相当免許状主義」とは、教科を子どもたちに教える教員たちは、その教科に相当する免許状を有していなければならないという概念のことである。免許法により定められている。相当免許状主義は現行の免許制度においても、その実施が見られる。その根拠として、教職の専門性が挙げられる。つまり教育現場の教員には、子どもたちの発達段階に応じた専門性が求められるのである。教育現場とは具体的に、幼稚園・小学校・中学校・高等学校等のことである。しかし2002年、相当免許状主義は中央教育審議会答申により緩和した。この答申で、教員免許状を総合化・弾力化することが提言されたためである。その後、相当免許状主義の緩和方針は、同年7月より実施された。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の小学校を検索できます。

ページ
トップへ
TOP