ご希望の小学校情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

小学校用語集

小学校用語集 小学校用語集

文字サイズ

  • 子どもの貧困率
    こどものひんこんりつ

    「子どもの貧困率」とは、17歳以下の子どものみで算出される貧困率のこと。1世帯の収入から一人ひとりの所得を試算し、順番に並べた際、貧困線を下回っている子どもの割合を指す。貧困線とは、試算された一人ひとりの所得を順番に並べた際、ちょうど中間にある所得の半分のことである。子どもがいる現役世帯の貧困は大人も含め算出するが、子どもの貧困率は17歳以下の子どものみで産出されている。厚生労働省調査によれば、子どもの貧困率は、1985年に10.9%、2012年に過去最高の16.3%、その後2015年に13.9%と、2012年に過去最悪を記録したが、12年ぶりに改善された。改善理由として厚生労働省は、景気回復等を挙げている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の小学校を検索できます。

ページ
トップへ
TOP