ご希望の小学校情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

小学校用語集

小学校用語集 小学校用語集

文字サイズ

  • 危機管理
    ききかんり

    「危機管理」とは、事前に国際的な危機の発生を予想し、防止するという安全保障政策のことである。英語では、Crisis Managementという。危機管理が展開していく背景には、第2次世界大戦後の軍備縮小や1960年代のキューバ・ミサイル危機がある。このような危機を教訓として危機管理は、政策概念として国際的に用いられるようになった。最近では、エネルギーや貿易、食糧等についても応用されるようになってきている。日本で危機管理の必要性が注目されたきっかけは、1995年の兵庫県南部地震が発生したことだ。特徴として危機は必ず生じるという前提のもと、危機によって生じた災害ないし影響を最小限にできるか、早期回復するために必要とされるものを検討することである。それゆえに危機管理には、発生し得る危機や影響をリストアップしておくことが求められる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の小学校を検索できます。

ページ
トップへ
TOP