ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
小学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

小学校情報

小学校におけるPTAの役割・活動内容



PTAとは「Parent(親)」、「Teacher(先生)」、「Association(組織)」の頭文字をとったもの。児童愛護と教育環境の整備を目指してアメリカで生まれた運動で、日本では「父母と先生の会」と訳されます。その役割や活動内容はどのようなものなのでしょうか。

PTAの概要

PTAの概要

学校、地域、家庭の連携に欠かせないPTA。会長をはじめ、役員らが中心となって開催する総会や各委員会などの組織を構成することで、具体的な活動を行なっています。

役割や目的

PTAの目的や性格は1967年(昭和42年)の社会教育審議会報告「父母と先生の会(PTA)のあり方」に記載されています。「児童生徒の健全な成長をはかることを目的とし、親と教師とが協力して、学校および家庭における教育に関し、理解を深め、その教育の振興につとめ、さらに、児童生徒の校外における生活の指導、地域における教育環境の改善、充実をはかるため会員相互の学習その他必要な活動を行なう」とあります。

組織構成や役員

会の主旨に賛同する保護者と学校の教職員の任意により構成するのが原則。互いに対等の立場で活動する団体といわれます。代表的な組織体系は、活動を企画・維持・発展させる執行機関と、会計などをチェックする監査機関からなるもの。執行機関には広報や校外指導などいくつかの委員会が属します。

全体で行なう総会は会長、副会長、書記、会計といった役員を決め、委員会についても委員を各1名以上選出することが多いようです。

PTAの活動内容

PTAの活動内容

PTAの主な活動について、まとめました。実際に何を行なうかは組織によって異なりますが、主に以下の3つに大別できます。

学習・研修活動

学習・研修活動

「児童生徒の健全な成長」を図るための学習・研修会を行ないます。講演やビデオ視聴、グループワークなどで様々なテーマを扱います。具体的なテーマ例は、子どもの躾や接し方といった家庭教育に関するもの、学習指導要領や学校評議員制度といった学校教育制度を理解するためのもの、食育や喫煙、性教育、防犯・防災といった健康・安全・環境に関するもの、いじめなどの人権問題、情報メディア教育に関するものなど。

学習・研修会により、PTA活動への意識が高まり、会員同士のつながりが生まれ、参加者同士で意見交換ができるというメリットもあります。

学校教育を理解する活動

学校教育を理解する活動

保護者が学校の教育目標や内容を理解することは、子どもに安心感を与え、家庭での教育効果を高めることにつながります。そのため、保護者は授業参観や懇談会に積極的に参加するほか、PTAとして学校教育への理解を深める活動に取り組むことがあります。

例えば、保護者が学校の授業をサポートする学校支援ボランティア、校外活動の付き添い、部活動の指導、花壇や図書館の整備などが挙げられます。

地域との連携

地域との連携

PTAは家庭・地域・学校を結ぶ架け橋としての役割も担うことができます。具体的には、通学路の整備、清掃美化運動、地域の落書きの除去、有害図書の自動販売機や捨て看板の撤去、危険箇所の点検・マップづくり、あいさつ運動、緊急避難場所「子ども110番の家」の設置などを行なうことがあります。

動物イラスト