施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト小学校リサーチ

小学校情報

小学校の先生の一日



授業の他にも生活指導や事務仕事、保護者への連絡など、先生の業務内容は様々です。小学校の先生の一日のスケジュールについて一般的な例をご紹介します。

先生の一日

先生の一日

小学校では、平日は次のようなスケジュールになることが多いようです。運動会や式典など行事が近づくとその準備などでさらに忙しくなります。また、日々起こるトラブルを解決する時間も必要になります。

7:00~8:00頃/出勤

7:00~8:00頃/出勤

8:00過ぎの始業時間前までには出勤。教科が多いので授業準備に追われます。

8:00過ぎ~8:40頃/職員会議や個々の打ち合わせ

8:00過ぎ~8:40頃/職員会議や個々の打ち合わせ

先生同士で授業や子どものことなどについて相談など。学校によっては学年主任や教科主任に指導案を提出したり、学年ごとに打ち合わせを行なったりします。教職員全体でその日の連絡事項を確認することもあります。この間、子どもたちは教室などで朝礼を行ないます。

8:45~/1時限目の授業

8:45~/1時限目の授業

授業で教鞭を執ります。各授業後は子どもの休憩がありますが、先生にとっては休憩ではありません。1時限目のあとは、宿題の点検や連絡帳の返事書きをします。提出書類がある日は、子どもたちから回収しておき、記入漏れがないかチェックします。

9:40~/2時限目の授業

9:40~/2時限目の授業

2時限目のあとは、宿題の点検や連絡帳の返事書きなどが残務を進めたり、子どもたちと話したりします。日によっては職員同士で打ち合わせも。

10:50~/3時限目・4時限目の授業

10:50~/3時限目・4時限目の授業

3時限目と4時限目の間は、主には子どもたちと話します。子どもたちの様子を知ることで学習においての悩みを解決したり、いじめや仲間外れなどを抑制したり、子ども一人ひとりへのきめ細かい指導を目指すことができます。

12:30~/給食

12:30~/給食

給食の準備は配ぜん係が主体で、先生は見守り役です。他の子どもが順序よく給食を受け取って席で静かに待てるよう指導します。給食の準備が終われば子どもたちと一緒に教室で食事。

食べ終えたら全員で片づけ。食器やゴミを正しい場所に回収できるよう指導します。準備は15分間ほど、食事時間は15分間ほど、片付けは10分間ほどかかります。

1:00過ぎ~1:30/掃除

1:00過ぎ~1:30/掃除

教室、校庭、トイレ、特別教室など、子どもたちが班に分かれて各場所の掃除を行ないます。先生はそれぞれの掃除場所を見回ったり、一緒に掃除をしたりします。

1:35~/昼休憩

1:35~/昼休憩

子どもたちと話したり、職員室で授業の準備や事務処理を行なったりします。

1:50~/5時限目の授業

1:50~/5時限目の授業

学年や曜日によってはこの後に休憩を挟み、6時限目の授業があります。

授業終了後~/終礼

授業終了後~/終礼

終礼は、係からの連絡や先生のお話など。保護者への連絡事項や宿題のプリントなどを配布します。

15:00頃~/下校指導・職員休憩

15:00頃~/下校指導・職員休憩

子どもたちの下校後、戸締りや教室の整頓を行ないます。校門で安全指導をすることもあります。15:00~15:45は職員休憩とされるのが原則ですが、授業準備や職員会議などに費やすことが多いようです。

16:00頃~17:00頃/部活動

16:00頃~17:00頃/部活動

部活動の顧問になっていれば、部活動の場所へ出向きます。そうでない先生は事務処理などを行ないます。

17:00頃~/事務処理

17:00頃~/事務処理

連絡事項や宿題用プリント、授業に使うツールを作ります。子どもたちから提出されたノートやテストをチェックします。教職員間で分担する校務をそれぞれこなします。

19:00頃~/帰宅

19:00頃~/帰宅

事務処理が長引くと帰宅時間は遅くなります。また、行事の準備などある時期は帰宅が夜遅くになることもあるようです。

動物イラスト