施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト小学校リサーチ

小学校情報

小学校の文科系クラブ活動



4年生以上になると始まる教科外活動のひとつが「クラブ活動」です。種類は運動系と文科系に大きく分けられます。そのうち、文科系のクラブ活動はどんなものがあるのでしょうか。内容やねらいについてご紹介します。

学習指導要領によるクラブ活動のねらい

学習指導要領によるクラブ活動のねらい

クラブ活動の目標は2008年(平成20年)改定の「学習指導要領」に示されています。「人間関係を形成し、個性の伸長を図り、集団の一員として協力してより良いクラブづくりに参画しようとする自主的、実践的な態度を育てる」というもの。計画から運営、活動、成果の発表まで、「異年齢集団の交流を深め、共通の興味・関心を追求する活動を行なうこと」とあります。授業数についても、各学校にゆだねられ、月に2回程度実施する学校が多いようです。

分科系クラブ活動の例

分科系クラブ活動の例

どんなクラブ活動を行なうかは子どもが主体になって決め、先生はサポート役にまわります。その結果、バラエティ豊かなクラブ活動が生まれています。具体的な例を見てみましょう。

コンピュータにまつわるもの

コンピュータにまつわるもの

子どものコンピュータ技術レベルや希望によって、内容は様々です。小学校で一般的に導入されている学習支援ソフト「ジャストスマイル」を使って展開することが多いようです。最初はキーボードでの入力やドラッグ、クリックの練習。回を追うごとに名刺作り、カレンダー作り、ブログ作成、電子付箋プログラム「ぺたろう」 を使ったメッセージ交換、デジカメ写真の加工、CG作成といった高度な内容へと移っていきます。1人でインターネットに没頭するのではなく、上級生と交流したり実際に役立つ技術を習得したり、パソコンマナーについて学んだりするなど工夫が重視されています。

外国語にまつわるもの

外国語にまつわるもの

ネイティブの先生など外国語教科を担当する先生が受け持つのが一般的。英語カルタで遊んだり、英語の曲を歌ったりするなど、普段の外国語授業とは趣の違う内容が好まれています。

教養を磨くもの

教養を磨くもの

習字、ゆかたの着付け、茶道体験など、生活に役立つ教養を身に付けるもの。女子からの人気が高いようです。

クラフト・美術にまつわるもの

クラフト・美術にまつわるもの

絵画系では油絵で好きなものを描くクラブから、アニメ絵画を描くもの、イラストの模写をするものまで。作品を学内に掲示することもあります。クラフト系では小物作り、編み物などの手芸、折り紙、陶芸、絵本創作、プラモデル作り、実験工作など。工作キットの購入費用がかかることもあります。

音楽にまつわるもの

音楽にまつわるもの

子どもたちが選んだ曲をリコーダーで練習するクラブ活動の他、合唱、器楽など。とくに私立では多彩な楽器がそろっている小学校もあり、ブラスバンド演奏などもできる学校も。運動会での演奏を目標に本格的に練習を積む学校もあります。

その他、娯楽など

その他、娯楽など

将棋、オセロ、読書、演劇など。ボードゲームという名称で、人生ゲームや将棋、ジェンガまで毎回異なるゲームをするクラブもあります。

指導者について

上級生を中心に、子ども同士で教え合うのが基本。内容によっては先生も指導にあたります。系列の上級校をもつ私立小学校などでは、中学生や高校生が指導にあたることもあります。

動物イラスト