施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト小学校リサーチ

小学校情報

小学校の式典などの学内活動



入学式から始業式、運動会、開校にまつわる記念式典、卒業式まで、小学校には様々な学内活動があります。これらは学校行事として、文部科学省が2008年(平成20年)改定の学習指導要領の中で目標や内容について基準を示しています。現代では、小学校でどのような式典が行なわれているのでしょうか。

学校行事の目標

学校行事の目標

2008年(平成20年)改定の学習指導要領では、学内で行なう行事について次のような目標や内容が挙げられています。原則として公立・国立・私立のすべての小学校がこの基準に従って行事を執り行なっています。

目標

目標

学習指導要領によると「学校行事を通して、望ましい人間関係を形成し、集団への所属感や連帯感を深め、公共の精神を養い、協力してより良い学校生活を築こうとする自主的、実践的な態度を育てる」と掲げられています。

内容

内容

学習指導要領では、内容については大まかな基準を以下のように示しています。

  1. 儀式的行事…学校生活に有意義な変化や折り目を付け、厳粛で清新な気分を味わい、新しい生活の展開への動機付けとなるような活動を行なうこと。
  2. 文化的行事…平素の学習活動の成果を発表し、その向上の意欲を一層高めたり、文化や芸術に親しんだりするような活動を行なうこと。
  3. 健康安全・体育的行事…心身の健全な発達や健康の保持増進などについての関心を高め、安全な行動や規律ある集団行動の体得、運動に親しむ態度の育成、責任感や連帯感の涵(かん)養、体力の向上などに資するような活動を行なうこと。

指導計画の注意点

指導計画の注意点

具体的に指導計画を作成するにあたって、次のような補足が付いています。

  • 年間指導計画は学校の創意工夫を生かす。
  • 子どもの自主的・実践的な活動を助長するよう配慮する。
  • 行事間の関連や統合を図るなど精選する。
  • 幼児、高齢者、障害のある人々など異年齢集団による交流を充実させる。
  • 入学式や卒業式などでは、その意義を踏まえて国旗を掲揚し、国歌を斉唱するよう指導する。

近年の学内活動

近年の学内活動

「儀式的行事」は入学式や卒業式、始業式、開校にまつわる記念式典、「文化的行事」は、文化祭や作品発表会や合唱コンクール、「健康安全・体育的行事」は運動会はじめ、歯科などの各種検診、交通安全指導などが当てはまります。

各行事のプログラムについて、中にはユニークな企画を実践している学校もあります。例えば、北九州市のある小学校では先生たちが努力の大切さを伝えようと、児童の前で一芸を披露。校長先生が縄跳びを、他の先生がサッカーのリフティングやけん玉、ギター演奏など日頃の練習の成果を披露したそうです。他の学校でも、卒業式で名前を呼ばれた卒業生1人ひとりが将来の夢を発表した例も。また、運動会は競技をアレンジしたり、手作りの衣装を着たりと、各校の独自性を表現しやすいようです。

こうした創意工夫にあふれた学内活動は、子どもや保護者にとっても思い出深い体験となるのも魅力です。

動物イラスト