施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト小学校リサーチ

小学校情報

小学校の教科課程/家庭・技術



小学校で習う授業のひとつに、生活と密接に関わりを持つ「家庭科」という授業があります。その教育目標や内容についてまとめました。

家庭・技術科目の概要

家庭・技術科目の概要

5・6年生になると週に2単位の授業が行なわれます。生活に必要な基礎的・基本的知識及び技術の習得を通して、すすんで生活を工夫し想像する能力を養うとともに、実践的な態度を育てることを目標としています。

家庭分野では、主に衣食住に関する実践的・体験的な学習活動を通して生活の自立に必要な基礎的・基本的な知己紙及び技術を習得するとともに、家庭の機能について理解を深め、これからの生活を展望して課題をもって生活をより良くしようとする能力・態度を育てます。

なお、小学校においての「技術」は、主に芸術の授業における「図画工作」に含まれます

中学校からは「家庭・技術」と称される技術分野の授業も始まります。中学校の技術分野では、ものづくりなどの実践的・体験的な学習を通して材料と加工、エネルギー変換、生物育成及び情報に関する基礎的・基本的な知識及び技術を習得するとともに、技術と社会や環境との関わりについて理解を深め、技術を適切に評価し活用する能力を育みます。

家庭科の学習指導要領

家庭科の学習指導要領

家庭科の授業では、それぞれ学年に応じたカリキュラムが組まれています。

  • 家族生活と家族
  • 日常の食事と調理の基礎
  • 快適な衣服と住まい
  • 身近な消費生活と環境

などを学びます。

授業内容

授業内容

家庭科での授業内容は以下の通りです。

  • 自分の成長を自覚することを通して家庭生活と家族の大切さに気付き、家庭には自分や家族の生活を支える仕事があることを学習。それによって自分が仕事を分担し、生活時間の有効な使い方を工夫し、家族に協力することを学ぶ
  • 食事の役割を知り、日々の食事の大切さに気付く
  • 体に必要な栄養素の種類と働きについて学ぶ。また、調理に関心を持ち、必要な材料の分量や手順を考えて調理計画を立てることや、味付けや配膳、調理用具や衛生面の基礎的な方法・技術を学ぶ
  • 衣服の着用や手入れ、住まいの整理整頓、基本的な裁縫について学ぶ
  • 小物と金銭の関係を学び、計画的で適切なお金の使い方を学習
  • 環境に配慮した生活の工夫などを習得

実習

実習

教科書を元にした授業の他、実際に子どもが手を動かして調理や裁縫を体験する実習があります。

調理に用いる食品については、文部科学省が生の肉や魚は扱わないことという規則を設けており、一般的には先生が決めたメニューをグループに分かれて班ごとに調理を行ないます。メニューはみそ汁などの基本的な料理が中心。食材は学校が用意したり、家庭で調達したり、地域や学校によって差があるようです。

また、裁縫については、針やハサミの取り扱い方にはじまり、玉結びや玉止めの練習など、基礎的な裁縫の方法を学びます。その後に布や型紙が付いたキットを使ってのエプロン制作など、裁縫の基礎的知識を生かして実用的な品を作る学校も多くあります。

動物イラスト