ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
小学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

小学校情報

小学校の教科課程/外国語



長年にわたる議論を繰り返して来た結果、2011年(平成23年)度から全国の公立小学校で年間35時間の外国語活動(英語)が必修化されました。小学校での外国語活動が目指す内容をまとめました。

外国語教科の目標

外国語教科の目標

小学校の外国語授業は5年生から取り入れる学校が多いですが、低学年から外国語授業を必修化する検討が始められています。小学校においての外国語授業の課題は大きく分けて以下の4つに絞られます。

  • 外国語を通じて言語や文化について体験的に理解を深める。
  • 外国語を通じて積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図る。
  • 外国語の基本的な音声や基本的な表現に慣れ親しませる。
  • コミュニケーション能力の素地を養う。

小学校段階では、音声や表現を正確に覚えることではなく、あくまでも「慣れ親しませる」ことが主な目標。頭で理解するだけではなく実際に英語を使ってお互いの考えや気持ちを伝え合う活動に重きが置かれます。さらには小学生の頃から英語でのコミュニケーション活動に慣れることをねらいとしています。

外国語を教える教師の役割

小学校で英語を教えるには、「小学校英語指導者資格」を持っていることが重視されますが、自治体により差があり、専門の英語教師が授業を行なう学校もあれば、担任の教師が教えている学校もあるようです。

授業内容

授業内容

小学校の英語の授業は、文部科学省が「英語ノート」という教材を作って進行しています。

5年生では

  • 世界のこんにちはを知ろう
  • ジェスチャーを使用
  • 自己紹介をしよう
  • 色々な国の衣装を知ろう
  • 外来語を知ろう
  • クイズ大会をしよう
  • 時間割を作ろう
  • ランチメニューを作ろう

といった内容で構成されており、6年生では

  • アルファベットで遊ぼう
  • 色々な文字があることを知ろう
  • カレンダーを作ろう
  • できることを紹介しよう
  • 道案内をしよう
  • 行ってみたい国を紹介しよう
  • 自分の1日を紹介しよう
  • オリジナルの劇を作ろう
  • 将来の夢を紹介しよう

など、センテンス別に分かれて学べるようになっています。この英語ノートが外国語授業の教科書としての役割を果たします。公立小学校に配布され、全国の小学生が同じ教材を元に勉強するのが基本です。ただし、英語ノートを使うか否かは各小学校の裁量で決められるので、使わない選択も可能です。独自のカリキュラムで積み上げてきた外国語活動をすでに始めている学校では、英語ノートを使わない授業が行なわれていることが多いようです。なお、学校で使う教科書は民間の教科書出版会社が作るのが一般的ですが、英語ノートは文部科学省が作成しています。

外国語教育のメリット

外国語教育のメリット

世界中の重要な情報が英語で発信される昨今、英語を理解できるかで得られる情報に格差が生じるといわれています。

次に、小学生は感覚的に言葉を吸収しやすいという特性があります。特にアクセントやリズム、イントネーションといった英語の音感覚が身に付きやすい傾向にあり、感覚的に外国語に親しむことができます。

動物イラスト