ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
小学校
トップページへ戻る
トップページへ戻る

小学校情報

小学校の教科課程/算数



小学校の算数の授業では主に数や形について、学年に応じて基本から応用へと進みながら、日常生活で使える基本的な知識を学びます。そのような指導案が組まれているのかまとめました。

学年ごとの指導案と教科課程

学年ごとの指導案と教科課程

指導案のポイントは各学年で変わります。1年生から6年生までのポイントを見てみましょう。

1年生
数字の数え方や数の大きさ、足し算に引き算といった初歩的な内容を軸に、繰り上がりや繰り下がり、3つ以上の数の計算の仕方などを教わります。
2年生
九九を覚えることが大きな課題。掛け算を学ぶことで効率的な計算ができるようになることを目標にします。同時に三角形や四角形といった簡単な図形が登場し、ひっ算を習得します。
3年生
掛け算の仕方を考えるなどの応用が必要になる他、新たに割り算が授業に取り入れられます。正方形や長方形といった形の基本的概念も学びます。
4年生
角度の求め方や分数、面積の図り方などが中心。折れ線グラフや公式などが登場します。基本的な公式を覚え、公式を活用して考える力を養います。
5年生
小数のわり算や比較の仕方、面積の求め方が加わります。図形では平行四辺形や三角形の面積の求め方も。分数や小数、百分率とグラフなど、数字や公式の応用が課題。
6年生
速さや立体の表し方、分数の割り算や掛け算に加え、体積や割合の求め方も。基礎知識を生かして考える、5年生までに習った内容を応用する、といった力が求められます。

算数に親しむ学習法

算数に親しむ学習法

一度苦手意識を持つと克服しづらいのが算数。そうならないための最大のポイントは復習にあるといわれます。学校で習った内容を自宅で見直す、問題を理解できるまで解き直す、という基本的な勉強法で、数のしくみや公式の成り立ちをじっくりと考えます。

また、基礎知識を応用するため、プリントやドリルを取り入れるのも大切。低学年ならばおやつを4等分にして分数の考え方を教えるなど、親子でのコミュニケーションを図りながら日常に即した勉強法を取り入れるのも大切です。

高学年になると複雑な計算が増えますが、ここで大切なのが考える力、すなわち応用力です。これを養うには、子どものレベルに応じた算数の問題集を解くことが近道でしょう。

プリントを使った家庭での学習法

プリントを使った家庭での学習法

家庭学習は主にプリントやドリルを使っての予習・復習が中心。プリントは学校で配布される他、インターネットから無料でダウンロードできるものも増えています。学年ごとに分けられているので使いやすく、反復学習に役立ちます。

算数の文章問題

算数の文章問題

文章問題はつまずきやすい項目の1つ。小学校での文章問題の多くは、計算式自体が複雑でないため、いかに正しく文章を読み解くかが重要となります。そのため、「論理的読解力」が大切。まずはしっかりと問題を読むこと。次に解くカギとなる部分にアンダーラインを引き、文章の重要な部分を抜き出して考えましょう。

これをスピーディーに効率的に解く力を身につけるためには、練習問題を何度も繰り返し行なうことが重要です。

動物イラスト