施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト小学校リサーチ

小学校情報

中学校の志望校の選び方



中学受験をすると決めたら、さっそく志望校を選びましょう。あるいは、行きたい学校があるので中学受験をする、という家庭も多いでしょう。「子どもの成績の様子を見てから決める」というやり方もありますが、何よりも子どもの気持ちを大切にしたいもの。では、志望校はどうやって選ぶと良いのでしょうか。志望校を決める時期についても考えます。

志望校の選び方

志望校の選び方

余裕をもって準備を進めるために、志望校は早めに決めるのがポイントです。子どもの成績の変化に応じて、頃合いを見て他校に変えていきましょう。

情報を集める

まずは情報を集めます。教育方針はどうか、校舎がある環境どうか、授業に特色はあるか、学費はいくら必要かなど、気になる点を比較します。ひとつの情報源から得た話だけを鵜呑みにせず、多角的に情報を集めて総合的に判断しましょう。

情報収集の方法

情報を集める
  • 小学校の先生に相談する。
  • 中学受験に関する書籍を読む。
  • 各学校のホームページを閲覧する。
  • 中学受験に関するインターネットサイトで調べる。
  • 学校説明会に参加する。
  • 塾のスタッフに相談する。
  • 知人に評判や体験談などを聞く。

志望校を子どもと一緒に決める

志望校を子どもと一緒に決める

子どもと保護者で話し合って志望校を選びます。子どもにすれば「制服がかわいい」、保護者にとっては「教育方針が良い」など様々な理由があるでしょう。学校説明会に参加したり現地を訪れたりするとイメージを持ちやすくなります。「あの学校に行きたい!」と思うと、子どもも勉強に身が入ります。

志望校に固執しない

1番最初に志望した中学校をそのまま受験する人は少ないといわれています。志望校を目指して着々と準備することは大事ですが、志望校だけに固執しないように意識しましょう。最終的に受験校を変えることになったときに対応できるよう、他の学校の情報も集めておきます。偏差値の高い学校から低い学校まで幅広く見比べてみるのも有効でしょう。子どものやる気を損ねないよう、保護者がリストアップしておくとあとで役立つときが来るかもしれません。また、受験当日は緊張するもの。第一志望校の他、滑り止めとして1校以上を先に受けて会場の空気感を体験しておくと、第一志望校の受験の際に緊張が和らぎます。

志望校を決める時期

志望校を決める時期

中学受験の準備期間は一般的には2~3年といわれ、遅くとも5年生のうちには学校説明会へ参加して、志望校を決めるのが基本です。

注意したいのは中学受験では学校によって出題傾向や問題のレベルが異なること。小学校の学習指導要領の範囲を超えた内容が出題されることもあります。そのため、なるべく早い段階で志望校を決め、過去の入試問題を調べるなど絞り込んだ勉強をするのが肝要。また、時間に余裕があれば、勉強の合間にリラックスタイムを組み込めます。

中学入試の過去問題

学校によって出題内容に偏りが見られるようです。多くの過去問題をこなせば対策が立てやすくなり、その学校の試験問題の雰囲気にも慣れることができます。学校説明会などで出題範囲を具体的に話してくれる学校もあります。

動物イラスト