施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト小学校リサーチ

小学校情報

小学校の学費以外で必要な費用



子どもが小学校へと進学すると、様々な費用が掛かります。ここでは国公立・私立の各小学校にかかる学費の他に、どんな費用が必要になるか探ってみましょう。

学費以外にかかる費用

学費以外にかかる費用

子育てですから、食費や光熱費などの基本的な生活費はかかります。さらに暮らしを豊かにしたり、子どもの身の回りのものを整えたり…。実は学費以外にも必要になる支出は多数あります。保護者の教育方針や価値観などによって差はあるものの、小学校入学に伴ってかかる費用のうち、主なものをピックアップしました。

基本的な生活費

基本的な生活費

財団法人「こども未来財団」による調査では、小学校1年生~6年生の間の子育てにかかる費用のうち、生活費は年間44~45万円となっています。これは学費や習いごとの月謝といった教育費を除いた金額。食費や光熱費、医療費などを総合した基本的な子育て費用といえます。同調査では、幼児から大学生までの子育て費用が試算されており、その中で小学生が最も低い数字となっています。

体の成長や学校行事に合わせて買い物をする

体の成長や学校行事に合わせて買い物をする

学校指定の学用品を買いそろえるだけでは学校生活は送れません。学習に使う文房具や遠足時などの弁当箱など、雑貨を随時購入していくことになります。消耗品は使い終われば新たに購入します。靴などの身の回り品は体の成長に伴って買い換えていきます。

必要となる生活雑貨、文房具などの費用

  • 身の回り品…傘、靴、靴下、ハンカチなど。
  • 習いごとの道具…楽器など
  • クラブ活動の必需品…ユニフォーム、練習着、ソックス、タオルなど
  • 文房具…ノート、シャープペンシル、ペン、消しゴムなど。
  • 学校行事にまつわるもの…弁当箱、敷物費、水筒、遠足のおやつ、旅行かばんやリュックサック、修学旅行のお小遣いなど

ファッションやゲームに関わるモノの購入

ファッションやゲームに関わるモノの購入

小学生になると子ども同士で過ごす時間が多くなります。放課後や休日に私服を着て友達と出かけたり、友達同士で流行る遊びやゲームもあるでしょう。子どもに「みんなが持っているから」といわれると、「子どもが友達の話題に付いていけなくなるのではないか」、「古い服ではかわいそう」などと保護者としては購入すべきかどうか迷うところです。こういったものをどこまで与えるかで、年間の費用も変わります。

小学生の保護者として必要になるもの

小学生の保護者として必要になるもの

小学校ならではの学校行事があることで、保護者にもそれにまつわる準備品が必要になることも。運動会などの写真や映像を残すために、保護者がより高性能のカメラなどを新たに購入するケースも多いようです。

保護者参加が求められやすい行事に関する経費

  • 入学式・卒業式…保護者用のスーツ一式、美容室の費用など
  • 参観日…スーツなど
  • 運動会…ビデオカメラ、一眼レフカメラ、紫外線対策の日傘やサンバイザーなど
  • クラブ活動…試合観戦の交通費、ジュースなどの差し入れ代、懇親会費など
  • PTA懇親会…飲食代など
動物イラスト