施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の小学校情報を無料で検索できます。

ホームメイト小学校リサーチ

小学校情報

小学校の教育目標



身体能力から人格形成わたって、著しく成長がみられる小学生の時期。小学校教育では何が目標とされているのでしょうか。日本では教育目標は法律で定められています。法律とは主に「教育基本法」(1943年(昭和18年)施行)と「学校教育法」(1947年(昭和22年)施行)のこと。全国の私立、国立、公立など様々な小学校で、この教育目標を大きく逸脱することなく、各学校で工夫が加えられています。では、その教育目標とはどんなものなのでしょうか。

教育基本法では「道徳」や「国際社会」に関する目標も

教育基本法では「道徳」や「国際社会」に関する目標も

教育基本法は2006年(平成18年)、60年ぶりに教育目標に改正が加えられました。科学技術の進歩、情報化、国際化、少子高齢化といった社会変化が改正の背景にあります。改正後の教育基本法には「人格の完成」や「個人の尊厳」など普遍的な理念はそのままに、今の時代に重要と考えられる「国際社会への寄与」や「道徳心」といった項目が新たに盛り込まれています。義務教育の目的としては第5条2項に次のような規定があります。

教育基本法の教育の目的(第5条2項原文)

「義務教育として行われる普通教育は、各個人の有する能力を伸ばしつつ社会において自立的に生きる基礎を培い、また、国家及び社会の形成者として必要とされる基本的な資質を養うことを目的として行われるものとする。」

各教科から社会的活動まで

各教科から社会的活動まで

上記の第5条2項を実現するために、学校教育法に次のような目標が掲げられています。学校教育法も2007年(平成19年)に改正されています。

学校教育法第21条(2007年公布原文)

学校教育法第21条(2007年公布原文)
  1. 学校内外における社会的活動を促進し、自主、自律及び協同の精神、規範意識、公正な判断力並びに公共の精神に基づき主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。
  2. 学校内外における自然体験活動を促進し、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
  3. 我が国と郷土の現状と歴史について、正しい理解に導き、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する態度を養うとともに、進んで外国の文化の理解を通じて、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。
  4. 家族と家庭の役割、生活に必要な衣、食、住、情報、産業その他の事項について基礎的な理解と技能を養うこと。
  5. 読書に親しませ、生活に必要な国語を正しく理解し、使用する基礎的な能力を養うこと。
  6. 生活に必要な数量的な関係を正しく理解し、処理する基礎的な能力を養うこと。
  7. 生活にかかわる自然現象について、観察及び実験を通じて、科学的に理解し、処理する基礎的な能力を養うこと。
  8. 健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養うとともに、運動を通じて体力を養い、心身の調和的発達を図ること。
  9. 生活を明るく豊かにする音楽、美術、文芸その他の芸術について基礎的な理解と技能を養うこと。
  10. 職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を養うこと。学校内外の社会生活の経験に基き、人間相互の関係について、正しい理解と協同、自主及び自律の精神を養うこと。
動物イラスト